Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

情熱のアレ2巻ネタバレ感想!【マキがメキメキしてるのが素敵な内容でした】


こんにちは、シナモンです!

今回は、花津ハナヨ先生の『情熱のアレ』第2巻の感想です。

1巻では、マキと類のモヤモヤとした雰囲気が続いていて、そこに王子というイケメンが現れましたね(笑)。

これから、どうなってしまうんでしょう・・・?

 

⇒情熱のアレ1巻ネタバレ感想!【王子のような理解者が欲しいと思う内容でした】

 

ここだと無料でたくさんのページが読めますよ!

⇒『情熱のアレ 』を試し読み

サイト内で「情熱のアレ」と検索!

 

 

『情熱のアレ』第2巻のネタバレ!類と別れ・・・王子と

結論から先に言うと、マキと類は別れることになりました。

で、この別れ方があまりいい感じじゃなくて、私のとって類はすっかり悪者になっていました。

ホントはいい人なんだろうけど、類と相性がいい人にとっては・・・

 

マキと類は、週末に温泉旅行にいくことになったんです。

旅行でも二人の仲はギスギスしてて、マキはここで今後どうするのかをはっきりとさせようとしていたんです。

温泉に向かう途中で、渋滞してて類はイライラしてて、マキの体調が悪くなっても、冷たい態度・・・

 

二人が住むマンションの更新が間近になっていたので、これを機に別れて、別々に暮らそうと類は決めていたんです。

類はマキがツライ思いをしてるから、一緒に住むのはやめようとしていたけど、マキのとってはそれが納得いかなかったみたいです。

 

なんでも、勝手に決めてしまう類・・・

金曜日にセックスしようと決めたのことを、毎週決まった日にだすゴミの日みたいだとマキは言っていたのも分かりますね。

こんな義務的にするんじゃなくて、お互いの気持ちが一緒になったときがうれしいと思うんです。

 

マキは類の手さえも握れない状態になっていて、別れてしまったんです。

類はマキは自分の中では家族で、家族でセックスなんて近親相姦みたいだった・・・

ん~これもどんな論理なんだろうと私にはちょっと納得できない感じでした。

 

マキは類と別れて気が晴れたようで、そんなに落ち込むこともなく、新しい生活をスタートさせようとしていました。

それに、母の仕事にもすごく積極的になってて、自分でいろんなアイディアを出していたんです。

 

ところが、類は別れてから1ヶ月も経たないうちに、新しい彼女ができていました。

これを知ったマキはけっこうショックを受けてたんです。

いや~類ってカッコイイこといってたみたいだけど、これには驚きでした。

 

やっぱり、マキは別れて正解だったと思いました。

王子との関係は良好になっていったのもあって、このまま一気に進展するのかな~と思っていたんですが・・・

マキにはトラウマがあったんです。

 

⇒情熱のアレ1巻ネタバレ感想!【王子のような理解者が欲しいと思う内容でした】

 

『情熱のアレ』第2巻の感想!仕事を辞めたマキが素敵!

マキはすごく思いっきりがいい性格なところが、私は好きです。

ウジウジしたところがなくて、読んでいて気持ちいいんです。

類との思い出があるからと、携帯電話を水没させて未練を断ち切った場面なんて、すごいなって思っちゃいました。

 

それから、マキは7年間勤務していた会社を辞めて、母の会社に転職するんです。

マキがやる気をみせるようになってから、新しい商品の開発を任されるようになっていました。

あるとき、その新商品(アダルトグッズです)の企画書が、間違って、マキの会社の人たちにバレてしまうんです。

 

これで、マキは会社の人たちから白い目でみられて、居づらくなってなっていました。

中には理解をしめす仲間もいたんですが・・・

マキは自分が性生活に満足できなかった過去やもっと多くの人を楽しませたいと思って、すぐに会社を辞めて、転職したんです。

 

ホントに思い切りがいいです、マキって(笑)。

それに、情熱を注げることができるって羨ましいなって思いました。

落ち込むこともあるけど、すぐに次へとステップできるマキにはすごく励まされると思いますよ!

 

王子との進展は・・・?

そうそう、第2巻では王子とも進展がありました。

一緒のご飯を食べにいったり、王子の家に招待されて、料理を作ってくれたり。

王子は一人暮らしで、すごく広くていい部屋に住んでいました。

 

でも、順調かといえば、そうじゃないんです。

王子の部屋にいって、ご飯を食べた後で、二人はいい雰囲気になって、その流れでという場面がありました。

マキは、ここで類との過去を思い出してしまい、王子が類みたいにプレッシャーを感じてしまったらと不安になってしまうんです。

 

それで、マキはやっぱり帰りますと言って、王子の部屋から出てしまったんです。

王子と類は違うと思うけど、マキの中で心の整理ができていなかったんですよね。

やっぱり、セックスレスを経験してしまうと、心理的にもダメージがあるんですね。

 

赤塚からの告白も・・・

赤塚はある女性といい関係ですが、あまり恋愛感情はなさそうな感じでした。

けっこう、遊びで付き合ってる女性が多いイメージは相変わらず・・・

でも、憎めないところがあるんですよね(笑)

 

そんな、赤塚からマキは付き合って欲しいと告白されました。

真剣でしたが、マキは付き合ってる女と別れてから、告白しろとなるんです。

でも、告白されてるときのマキの表情はすごく自然で愛おしい感じだったのが印象に残りました。

 

第2巻では、類と別れ、転職してといろんなことがあって、マキを応援したくなる気持ちが増す内容になっていました。

是非、試しに読んでみてくださいね!

試し読みは、このサイトでたくさん読めましたよ↓↓

⇒『情熱のアレ 』を試し読みしてみる

サイト内で「情熱のアレ」と検索!

 

-情熱のアレ