Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

レンアイ至上主義のネタバレや感想は?【過激シーンが多くて戸惑う内容でした】

レンアイ至上主義(1) (フラワーコミックス)

 

こんにちは、シナモンです!

今回は、水波風南先生の「レンアイ至上主義」を読んでみた感想です。

 

試し読みはここでたくさん読めました↓↓

⇒『レンアイ至上主義』の試し読みはこちらから

サイト内で「レンアイ至上主義」と作品を検索してください!

 

レンアイ至上主義のネタバレ!

主人公の世莉は、合コンに備えて気合をいれていました。

今回の合コンが、この夏のラストチャンスだったんです。

 

相手は、同じ高校の理数科で、碧樹がいることが気になっていました。

その理由は、空手がきっかけで疎遠になっていたからです。

 

世莉は昔、空手道場に通っていて、この道場の先生の息子が碧樹でした。

あるとき、世莉と碧樹は勝負をすることになりました。

それまでは、世莉は負けていたけど、このとき初めて勝ってしまったんです。

 

実は、このとき世莉は道着の下にTシャツを着ていませんでした。

女の子だったら普通はTシャツを着ているんです。

碧樹は、Tシャツがないことに気を取られてしまい、そのスキに世莉に負けてしまいました。

 

こんなことがあってから、碧樹は世莉と目も合わせなくなってしまい・・・

世莉は中学生になると同時に、道場をやめてしまいました。

世莉にとっては、碧樹は初恋の相手でした。

 

合コンに碧樹が・・・

世莉が合コンに行くと、碧樹がやってきました。

世莉は、昔空手をやっていたことを隠しておきたかったんですが、碧樹は空手道場にいたことを暴露。

世莉はすぐにやめたとごまかそうとしました。

 

それでも、碧樹は世莉が空手をやってたことを話題にしました。

我慢できなくなった世莉は、碧樹をトイレに連れ出しました。

ここで、「どういうつもり?」と碧樹をせめました。

 

碧樹は、「自分を偽って男つくってどうすんの?」と。

すると、碧樹はすごい力で世莉をトイレの壁の方に抑えて、ふりほどけなくしました。

 

そして、碧樹は世莉の首筋にキスをしてきました。

世莉は碧樹がこんな大胆なことをするなんて、信じられないという様子・・・

 

レンアイ至上主義の感想!

初恋の相手と気まずい関係になったまま、数年後に合コンで出会った世莉と碧樹。

合コンは、碧樹のせいで失敗に終わりました。

昔、空手をしていたことが事実だと分かり、世莉は他の男たちに引かれてしまいました。

 

空手をやっていたことが分かってしまい、合コンで男たちに逃げられてしまうなんて・・・

世莉はかわいいし、空手をやってことなんて昔のことなのに。

男たちの気持ちは理解できませんでした。

 

合コンに参加してた男の一人が、「あんなたくましいの女じゃない」と言って去っていこうとしました。

これを聞いた碧樹は、この男を殴ろうとしましたが、世莉が止めに入って、何事もなかったんですが・・・

碧樹は、世莉のことを悪く言われて怒ったみたいでした。

 

合コンで世莉のじゃまをしてたのも、世莉のことがずっと好きだったからですね。

世莉も碧樹への思いは断ち切っていたみたいですが、ドキドキすることもあって。

止まっていた初恋がここで動き始めることに・・・

 

そして、世莉は碧樹に誘われて、空手道場の合宿に参加することにしました。

ここで、あのときどうして、世莉を避けるようになったのか?という真相をかけて、空手の勝負をすることになりました。

碧樹は単に女に負けて悔しかったという理由だけで、避けるようになったのではなさそうでした。

 

もちろん、世莉にはブランクがあるので、碧樹は左手だけで勝負しました。

世莉はちょっとは、対抗できていましたが、結果は碧樹の勝ち。

碧樹は、自分が勝ったら、何でもしてもらうと言っていました。

 

そして、碧樹は世莉に、「じゃあ世莉は俺の玩具な」と。

これから、碧樹は世莉にすっごく大胆なことをすることになりました。

 

『レンアイ至上主義』は過激なエッチの描写があると聞いていました。

読み始めてすぐは、初恋の相手と再会した恋愛ストーリーで、10代らしさを感じていました。

でも、碧樹が大胆で、世莉に突然キスをしたりしてて、碧樹はヤバイんじゃないと思うようになりました。

 

碧樹が、世莉を玩具みたいにするなんて、普通の恋愛にはないと思います。

自分の欲望を満たすための女として、世莉との関係を持とうとしたんだと思いました。

そして、ここから過激なシーンがたくさん出てきました。

 

正直、刺激が強くて、ストーリーが頭に入ってこなくなりそうでした。

さわやかな恋愛ストーリーと思って読むと、内容や表現がエロくて、読み始めの印象が変わりました。

でも、これって少女漫画なんだよな~、それにしても大胆過ぎると思った作品でした。

 

試し読みはここでたくさん読めるのでチェックしてみてください!

 

⇒『レンアイ至上主義』の試し読みはこちらから

サイト内で「レンアイ至上主義」と作品を検索してください!

-少女漫画