Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

【ネタバレ】切子キリコの感想!いじられた少女の悲しいストーリー


こんにちは、シナモンです。

今回は、本田真吾先生の『切子~キリコ~』を読んでみた感想です。

 

Kとういう差出人から送られてきた同窓会の案内状から、すごく悲惨なことが起こってしまうホラー漫画。

グロイ描写もあって、読んでてすごく怖かったけど、おもしろかったです。

 

試し読みはここでたくさん読めました↓↓

⇒『 切子~キリコ~』を試し読み

サイト内で「切子キリコ」と作品を検索してください!

 

『切子~キリコ~』のネタバレ!

切子は、15歳の若さでこの世を去った奥村切子(せつこ)という中学生でした。

彼女の17回忌を1ヶ月後に控えたとき、同窓会の招待状が届きました。

そして、廃校になった中学校に集まったのは、5人の男女でした。

 

みんなはそれぞれ別の高校へ行ってしまい、それ以来集まっていませんでした。

3年1組の教室へいって、幹事が来ていないけど、同窓会を始めることに。

案内の手紙には、Kよりと書かれていて、みんなは加藤正雄のことだと思っていました。

 

集まったクラスメートは、こんな感じでした。

 

渡部和哉 ITで社長

平野理緒 キャバ嬢

滝本英孝 小説家

葉山良介 サラリーマン、独身

山崎みずほ 保険の営業

 

久しぶりの再会でしたが、みんなはうまくいっているようでした・・・

切子が生きていれば、アイドルや大女優になっていたかもしれない。

誰よりも輝いていたと思い出話をしていました。

 

良介は、切子の自殺を疑っていました。

彼女の死の真相を知るために、ここに来たのだと。

 

突然、雨が降ってきました。

お酒で酔ってしまった和哉がフラフラとトイレにいくとき。

ある教室に、当時の制服を着た切子らしき女の子がいることに気づきました。

 

みんながいる教室に向かって、雨の中の暗闇から人影がやってきました。

窓をバシっと叩く音がして、みんなは驚いてしまいました。

そこにいたのは、加藤でした。

 

良介は、加藤に「幹事が遅れてくんなよ」と言いました。

ところが、加藤は自分は幹事じゃないし、案内状もだしてはいないと。

加藤は、和哉が幹事だと思っていたのです。

 

おなじころ、トイレを済ませてでてくる和哉のところに、理緒がいました。

理緒は、中学生のとき和哉と付き合っていて、またやり直さないと言ってきました。

和哉は、「だまれ、ビッチ」と言って、金目当ての理緒と付き合う気はありませんでした。

 

理緒は、トイレに入って和哉に罵られて、タバコを吸いながら怒っていました。

突然トイレのとびらが不気味な音を立ててしまりました。

すると、便器の中から黒くて怪しげな手が出てきたのです。

 

教室の中にいたみんなのところへ、「イヤアアア~」と悲鳴が聞こえてきました。

理緒の声だと分かって、みんながトイレにいってみると。

そこには、首を切断された姿で、理緒が殺されていました・・・

 

⇒『 切子~キリコ~』を試し読みはこちら

サイト内で「切子キリコ」と作品を検索してください!

 

『切子~キリコ~』の感想は?

「K」という謎の差出人から送られてきた招待状から始まったとき、サスペンス的な要素もある?

と思っていましたが、全然違っていて、最後までホラーでした。

最初に理緒が、殺されてしまったときの絵が衝撃的で、このあとどうなってしまうの?と怖くなっていきました。

 

みんなは、殺人鬼がこの場にいると思って慌てていました。

警察に連絡しようにも、山の中で電波が届いていなくて、学校にあった電話もつながりません。

逃げようと思っても、突然の雨で土砂崩れが起こってしまい道ふさがっていました。

 

助けを呼ぶことも、逃げ出すこともできなくなった学校で、さらにクラスメートが殺されていきました。

謎だらけになっていくところで、怖いけど先が読みたい気持ちになっていました。

 

差出人のKが誰なのか?もしかして、切子の身内?

復讐するために、みんなは呼びだされたのか?

 

同窓会の雰囲気だと、切子はアイドルのような存在で、みんなに愛されていた存在だったと最初は思っていました。

でも、本当の切子は、そんな存在ではなくて、中学生のときにとても酷くて、悲しいことをされていました。

真相がわかったときは、最後まで読んで良かったと思いました。

 

印象的だったのは、タイムカプセルをみんなで開けた場面。

たいしたものはなかったのですが、切子が書いた手紙と集合写真が怖かったです。

見て一瞬で、怨念が伝わってきました。

 

ずっと、切子の恐怖感があったけど、最後はちょっとだけですが、明るく前向きなる結末でした。

いろんな謎があって、それが分かっていくたびにおもしろかったし、ストーリーも良かったです。

ぜひ、チェックしてみてください。

 

試し読みはここでたくさん読めました↓↓

⇒『 切子~キリコ~』を試し読み

サイト内で「切子キリコ」と作品を検索してください!

-ホラー