Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

オキテネムル1巻のネタバレと感想【謎の寄生生物が不気味過ぎる内容でした】


こんにちは、シナモンです。

連打一人先生の『オキテネムル』の第1巻を読んでみました。

突如、キリンの男が現れ、今度はヘビ女のおぞましい変死体が、発見されストーリーが展開していきました。

 

試し読みは、このサイトでたくさん読めました↓↓

⇒『オキテネムル』の無料の試し読みはこちら

サイト内で「オキテネムル」と検索すると作品がチェックできます。

 

『オキテネムル』1巻のネタバレ!

頭はキリンで体が人間の謎の生物が、商店街の通り魔事件のしわざで、国家が隠蔽している。

雫は、ネットでみたこの噂話をしていました。

でも、トキジは科学的に絶対にありえないと信じてくれません。

 

カナタは特別な能力の持ち主で、それを使うのと見えないものが見えてしまうのです。

テスト中に能力を使うと、問題がスラスラとできるように。

でも、いつの間にか眠くなってしまって、意識がなくなってしまいました。

 

ヘビ女の変死体・・・

ある夜、トキジから電話で、雫と連絡がとれないと言われました。

カナタは、どうせ携帯電話の充電忘れてるだけだろ、気にしていない様子。

でもトキジは、最近、通り魔事件とか多いし、何か嫌な予感がすると。

 

翌日、学校がザワザワしてて、2-Bの教室で何かあったらしいと。

トキジは雫に何かあったのかと不安になっていました。

カナタは、学校の屋上からあの能力を使って、確かめようとしました。

 

カナタに見えたものは、教室の中でヘビの頭をした女の子が血まみれで死んでいる姿。

なんなんだと驚いてしりもちをついてしまいました。

すると、ここに黒い覆面を被った女が現れ、「ここで何をしている」と言ってきたのです。

 

ヘビ女の変死体がある教室では。

数名の調査員とともに、野桜博士と綾切がいました。

野桜博士と綾切は、外部情報操作局のメンバー。

 

外部情報操作局は、公安委員会から依頼で、この特殊事件を捜査するところでした。

民間組織なのですが、捜査を妨害すれば、超法規の逮捕権を持っていました。

カナタたちの前に現れた覆面女もこの組織の一員で、シキという名前。

 

カナタとトキジは、綾切に事情を聞かれることに。

カナタは、遠くて事件現場なんて見えなかったと言いましたが、女の子は西条雫では?と。

綾切は、雫ではなく井上紗耶だと答えました。

 

カナタは綾切に「なぜ女の子だと分かった」と怪しまれていましたが、その場で帰されました。

「頭がヘビの女の死体」が見えたとトキジに教えました。

すると、「ヘビってなに」と言って、雫が現れました。

 

雫は携帯電話の充電が切れてて、繋がらなかったと。

さらに、あのキリン男の正体が、北高の生徒で栗田健次だと言っていました。

そして、キリン男の彼女は、井上紗耶だと・・・

 

それを知って、ハッとするカナタとトキジ。。。

 

⇒『オキテネムル』を読んでみる

サイト内で「オキテネムル」と検索!

 

『オキテネムル』1巻のその後の展開は?

外部情報操作局の野桜博士は、変死体にはある種の寄生生物が感染していると。

未知の寄生生物で、早く手を打たないと、不気味な死体が増え続ける・・・

 

学校ではまた騒ぎになっていました。

特別捜査官の九条と名乗る男が、井上紗耶は伝染病にかかって、入院し治療していると生徒たちに話していました。

そして、この学校の全生徒に伝染病の検査をお願いしたいと。

 

みんなにうつってしまうのではと不安になる生徒の中で、武田が「勝手にやってろ!」と早退しようとしました。

伝染病は空気感染はしないのですが、人との接触によって感染してしまいます。

武田は、井上紗耶と一昨日の夜、セックスをしていたのです。

 

カナタは、九条らが言っていることは、ウソばかりと疑っていました。

そして、能力を使って本当のことを探ろうとしました。

 

カナタにはおぞましいものが見えました。

でも、副作用で、顔や体にすごい汗をかいてしまい、感染していると騒ぎに。

すぐに、九条と捜査員が駆けつけて、カナタを取り押さえ、隔離することに。

 

ところが、カナタは、彩切のところへ連れてこられ。

彩切は、秘密をすべて知っていると。

カナタは特別な能力をもった人間『オキテネムル』だと言ったのです。

 

そして、自分が何者なのか?全てを知りたければ、我々に協力しろと。

感染者を特定するために、カナタの能力が必要でした。

カナタには、感染者と非感染者を色で見分けることが、できたのです。

 

⇒『オキテネムル』の無料の試し読みはこちら

サイト内で「オキテネムル」と検索!

 

『オキテネムル』1巻の感想は?

カナタは強制的に協力することになり、パートナーとして紹介されたのが、シキでした。

能力を使って感染者を特定すれば、その人は情け容赦なく殺されてしまいます。

カナタにとってそれは苦痛でもあり、殺すことに納得できるはずもありません。

 

だから、能力がうまく使えないふりをして、見えないというのですが。。。

シキはカナタを蹴り上げて、無理にでもやらせようとしていました。

やらなきゃ、感染が拡大してしまって、死人に増えると分かってしても、辛いです。

 

そして、カナタと仲が良かった雫まで感染を疑われてしまいました。

雫はどうなってしまうのか・・・すごく気になったとろで、1巻は終わりました。

グロい絵も多いけど、ストーリーがおもしろいので、早く続きが知りたい。

 

試し読みは、このサイトでたくさん読めました↓↓

⇒『オキテネムル』の無料の試し読みはこちら

サイト内で「オキテネムル」と検索すると作品がチェックできます。

-オキテネムル