Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

なのにボクはイヤといえない1巻のネタバレと感想!【虐待?かなりヤバい内容】

こんにちは、シナモンです!

車谷晴子先生の「なのにボクはイヤといえない」の1巻を読んでみました。

 
なのに、ボクはイヤといえない(1) (サンデーGXコミックス)

 

絵はかわいいのに、読んでると怖いなと感じてしまう不思議な作品。

ホラーなのか?変態なのか?それともいじめや虐待のはなし?

見方によっていろいろと印象が変わります。

 

無料の試し読みは、ここがたくさん読めてオススメです!

⇒まんが王国

検索窓に「なのにボクは」と入力して下さい。

 

「なのに、ボクはイヤといえない」1巻のネタバレ!

 

主人公の玲は中学1年生の男の子。

父の転勤の都合で、従兄弟で大学生の仁菜子の家に同居することに。

仁菜子の母は、仕事で留守がちで、実質二人暮らし。

 

オトナっぽくて、すごくキレイな仁菜子は、玲にお願いしました。

女子校育ちで男の人が苦手だから、

2人きりのときだけでいいから、女の子の格好をしてくれない?

 

大好きな仁菜子のお願いだから、イヤとはいえなくて、女装をする玲。

玲は、小さいときかから、「イヤ」と言えない性格。

仁菜子の言うことに素直に従うんです。

 

 

最初は、女子の制服だけでしたが、下着も女性用にさせらたりしました。

自分は変態ではない?バレたらどうしようとビクビクする玲。

 

鳴瀬双葉にバレる・・・?

 

ある日、玲と買い物に行くとショッピングセンターで、

その格好おかしいよね!?

と声かけてきた一人の女の子がいました。

 

この子は、同じ学校の生徒で、しかも同じクラスの鳴瀬双葉。

玲が学校から帰ってくると、なぜか?双葉が家にいました。

仁菜子が、双葉を連れてきていました。

 

双葉は、まだ玲が男の子だとは気づいていません。

でも、双葉は玲の変態な姿をみた初めての女の子でした。

これから仲良くしようと帰っていきました。

 

ところが仁菜子は、

双葉ちゃんに裸をみせてあげたらどうかしら?

と玲に言いました。

 

仁菜子は優しいから、

何か考えがあって、そう言ってると思ってしまう玲・・・

 

双葉とお風呂に・・・

 

ある日、玲が雨に濡れて帰ってきました。

仁菜子は、お風呂を沸かしていたました。

玲がお風呂に入ろうとすると、そこには双葉が・・・

 

慌ててお風呂場を出ようとすると、

仁菜子は玲にかつらをかぶせて、お風呂に入れました。

これはちょうどいい機会だと。

 

玲はそんなことできるはずない・・・

タオルで体を隠し、双葉と一緒にお風呂に入る玲。

そこには、仁菜子もいました。

 

そして、仁菜子は玲のタオルを外して、

玲くん、本当は男の子なのよ」と・・・

 

「なのに、ボクはイヤといえない」1巻の感想!

 

これって、見方によっては、仁菜子が玲を虐待してると思いました。

玲は何も知らない純粋な男の子という印象。

仁菜子がやることに、何の疑いもなく信じてるのが、かわいそうでした。

 

玲にとって頼れるのは、仁菜子だけ、イヤだとは言えない性格。

仁菜子は、玲の気持ちを利用して、精神的に支配してるようにも感じました。

エロさよりも、仁菜子の不気味なところが、伝わってくる内容でした。

 

双葉に、男の子だとバラしたのも仁菜子。

 

本当のことが分かった双葉は、

変態。キモチワルイ。頭おかしいんじゃない。死ね!!

とまで罵られていました。

 

このあと、玲はどうなってしまうのでしょうね?

悲惨な学校生活が待ってる?

それとも、強くなって今の状況を変えていく?

 

でも、玲は自分から何かやってやろうというタイプにもみえないから、

このまま精神的に病んでいくような・・・

嫌な展開を想像してしまうドキドキ感がありました。

 

わたしは、スマホの電子コミックで「なのに、ボクはイヤといえない」を読みました。

まんが王国というサイトだと、無料でたくさん試し読みもできますよ!

⇒まんが王国の試し読みはこちら

検索窓に「なのにボクは」と入力して下さい。

 

-なのにボクはイヤといえない