Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

なのにボクはイヤといえない2巻のネタバレと感想【悲惨!双葉もいじめてる?】

こんにちは、シナモンです!

車谷晴子先生の「なのにボクはイヤといえない」の2巻を読んでみました。

 
なのに、ボクはイヤといえない(2) (サンデーGXコミックス)

 

女装をしてることが、双葉に分かってしまった玲。

翌朝、学校で罵られると怖がっていたところに、双葉が迎えにきました。

なぜ、双葉はやってきたのでしょうか・・・?

 

無料の試し読みは、ここがたくさん読めてオススメです!

⇒まんが王国

検索窓に「なのにボクは」と入力して下さい。

 

なのにボクはイヤといえない2巻のネタバレ!

 

一緒に登校してるとき、双葉は「昨日はごめんね」と言ってきました。

実は、仁菜子が女装の理由を説明していました。

騙してたことを許したわけではないけど、女装のことは黙っててあげると。

 

双葉のお願い・・・

 

その日、学校から帰ってくると、また双葉が家に。

仁菜子が、嘘をついていたお詫びで、招待していました。

玲は謝り、これで心配と思ったのですが・・・

 

許して欲しかったら、私の願いをきいてよ

と双葉が言ってきました。

 

双葉の願いは、玲が女装をするところをみたいでした。

玲は、双葉の言うと通りにするのですが、下着を着てるところもみせてと。

どんどんエスカレート。

 

今度は、「服を脱いで下着姿になってよ」と。

そして、下着姿になった玲を写真で撮影していました。

 

仁菜子はこれでもう玲のこと許してくれる?と念をおすと。

双葉は、もっと、もっと、私のお願いきなかきゃだめ!!!

とまだ許してはいませんでした。

 

水泳部で・・・

 

双葉は水泳部を見学するからと、女子の水着に着替えるように言いました。

玲が、水着にさえなれば、許してくれると思って着替えていると。

更衣室にほかの女子たちが入ってきました。

 

ここで、玲は転んでしまって、スカートの中が丸見えに!

すると、「こいつ男じゃん!!」と大騒ぎになったのです。

双葉は、玲を知らないふりして、勝手に中にいたと言っていました。

 

慌てて逃げ出す玲でしたが、逃げ場もなくどうすることもできない。

そこに男の子の服を持ってやってきたのが、仁菜子でした。

双葉が仁菜子に助けてと連絡していたんです。

 

仁菜子は双葉に、「今日はありがとうね。全部双葉ちゃんのおかげよ」と。

お礼を言っていたけど、表情は怖くて、双葉は一瞬怯えていました。

双葉は、わざとらしい、上から目線がムカつくと思っていました。

 

そして、夕御飯を食べてるとき、仁菜子は、騒ぎになった訳を聞くと。

 

じゃあ次は、見られても大丈夫なように、

男の子の部分をちゃんとしておきましょうね」と。

 

怪しげな表情を浮かべてた仁菜子は、一体何をするの・・・?

 

なのにボクはイヤといえない2巻の感想は?

 

結局、玲は双葉に弱みを握られてしまったわけです。

仁菜子が二人になったようなものだと思っていたら、双葉の態度が変わってきました。

双葉は水泳部の件で、仁菜子のことが邪魔で消えればいいと思うようになっていました。

 

双葉は、玲を助けようとしました。

あの女に洗脳されているんだね!大丈夫私がついてる

 

でも、玲は双葉の気持ちが分かっていませんでした。

ずっと仁菜子が優しい人なのにと思っていました。

そして、双葉に仲直りして欲しいとも思っていたんです。

 

ところが、仁菜子の方が上手でした。

仁菜子は、今度は双葉を利用していました。

人の心理を察して、操作するのがうまいんです。

 

双葉は玲に仁菜子の本性のを気付かせせようとしてたのに、

仁菜子と同じようなことをしてしまいました。

 

玲を犬ように扱って、牛乳を飲ませるシーンもありました。

これってエロいことのようにも見えるけど、あまりそうは思えず・・・

玲がいじめられているだけかも・・・

 

でも、いじめられているようにみえても、玲は快感を覚えて、興奮してる場面が何度もあるんです。

玲は悦んでいて、だんだん変わっていくところが、なんとも言えない気持ちになりました。

これは、SMで仁菜子が、玲をMとして開発してると思ったら、楽しめるのですが・・・

 

わたしは、スマホの電子コミックで「なのに、ボクはイヤといえない」を読みました。

まんが王国というサイトだと、無料でたくさん試し読みもできますよ!

⇒まんが王国の試し読みはこちら

検索窓に「なのにボクは」と入力して下さい。

 

-なのにボクはイヤといえない