Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

クダンノゴトシ2巻のネタバレと感想【死の連鎖は止められる?】

2016/06/26

こんにちは、シナモンです!

今回は、渡辺潤先生の「クダンノゴトシ」第2巻を読んでみました。

 

「クダン=件」は、半人半牛の妖怪。

江戸時代がから西日本を中心に日本各地で目撃談がある。

そして、予言をする。

 

 

信じがたいけど、辰巳の死によってこれが現実だと悟った光たち。

このままだと、全員死ぬ・・・

 

 

1巻で、死の予言をされたあゆみは、生き残ることができるのでしょうか?

そして、千鶴の過去も明らかになります。

 

 

⇒クダンノゴトシの試し読みはこちら

 

サイト内で「クダンノゴトシ」と入力すると読めますよ。

 

クダンノゴトシ2巻のネタバレ!

 

クダンに遭遇した山の中で、手にしたナイフを光に向けた千鶴。

 

「死ぬのは光」

 

「そして、私・・・」

 

あの夜の、クダンの顔は自殺した千鶴の父でした。

 

クダンの正体は千鶴の父?

 

千鶴の父は車で子供をはねて、ひき逃げ。

自分は悪くないと思っていたのですが、追い込まれて首を吊っていました。

 

 

千鶴の父がはねた子供が、光だったんです。

 

千鶴は、光が父を死に追いやった張本人だ恨んでいました。

そして、光に近づいて、復讐するために恋人までなっていたんです。

 

 

光はナイフを奪って、自分の腹を刺しました。

 

「丁度いい、おれ・・ずっと死にたかったからさ・・」

 

 

意識がなくなりかけた光は、千鶴と一緒に山の斜面を転げ落ちました。

意識を無くして、二人が見ていたのは、牛の姿をした千鶴の父。

 

 

「今回のことがお父さんの怨念ならば、俺が死ねばすべてが終わる」

だけど、件に予言されるまで、死ぬことができないのです。

 

 

あゆみは助かる?

 

光と千鶴が倒れていたところに、舞、洋太、伸司が、橘秀美と一緒に現れました。

 

 

光と千鶴は、ここで丸一日、意識を失っている状態でいたんです。

一歩間違っていたら、手遅れだった・・・

 

 

橘は光の腹の傷のことを尋ねると。

いきなり、あのナイフを手にして、光の胸に突き刺しました。

 

 

「やっぱりな~超面白えっ!!」といって怪しげに笑う橘。

 

 

光は心臓をナイフでえぐられていたのに・・・不死身の超人?

 

 

橘は、それを見て、「馬場あゆみは、助かるぞ」と・・・

 

 

橘にはどんな考えが・・・???

 

 

クダンノゴトシ2巻の感想!

 

あゆみに残された時間は、あと1時間と04分。

 

 

あゆみを助ける方法は、脳や心臓摘出して期限以内に確実に殺すことでした。

 

そうすれば、予言が外れたことになり、うまくいけば無効になる。

呪いは解け死の連鎖は止まる。

摘出した臓器は、また元に戻して蘇生できるから、あゆみは助かる。

 

 

あゆみの命を賭けたリスクのある方法でした。

なにもしなければ、予言通り死ぬから、分からなくもないけど、

橘のやることは大胆過ぎでした。

 

 

でも、いざ手術を始めようとすると、停電になり真っ暗になりました。

懐中電灯をもって、手術を続けようと手術台の上には、不気味な牛の頭がありました。

 

冷静を失った医師は、何度もメスで体を刺していました。

すると、複数のクダンが現れてまた混乱。

 

めちゃくちゃ怖いシーンでした。

気づいたときには、0時を過ぎていて、あゆみの悲惨姿がありました。

結局、あゆみは予言通りに死んでしまったんです。

 

 

でも、これで予言の期日くるまでは、絶対に死なないことが証明されました。

 

死ぬのは分かっているけど、そのときが来るまで絶対に死なない・・・

もし、私がこんなことになったら、何をしたいのか?

すごく、複雑な心理状態なので、冷静には考えられないかも・・・

 

 

それから、2巻では千鶴の過去が分かりましたね。

1巻で、千鶴が母子家庭だったのは、父が自殺してたからだった。

 

 

それで光のことを恨むのは、どうなのかなって思いました。

あの事故で光は生きてたから、恨んでしまったのかな~?

 

 

光も納得して、自分から死のうとしていましたね。

光がいうように、クダンの本当正体は、千鶴の父の怨念?

 

 

それだと、安直過ぎるし、サークルのみんなが巻き込まれてしまうのが、理解できません。

それに、山の中で現れた千鶴の父は、「高速道路は走るな」と光たちを守ろうとしていたんです。

 

 

なぜ、件の予言が始まって、死の連鎖が始まったのか?

まだ分からないから、このあとの展開がすごく楽しみです。

 

クダンノゴトシは無料の試し読みができます。

 

⇒試し読みはこちら

 

サイト内で「クダンノゴトシ」と入力!

 

 

-クダンノゴトシ