Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/hoperk46/alltime355.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 475

悪い舌見せしめ刑の町のネタバレ感想【悪舌法なんてあったら困るw】

こんにちは、シナモンです!

 

曽祢まさこ先生の「悪い舌 見せしめ刑の町」を読んでみました。

 

 

手で唇を隠している女性って、悪口を我慢してる?

そして、後ろに描かれた不気味な唇が、この女性を誘ってるみたいで怖い!

見せしめにされた者の末路とは・・・?

 

ここから、多少ネタバレがあるので、気をつけてくださいね(^^)

ちなみに、この漫画は、スマホですぐに試し読みができますよ。

 

⇒「悪い舌 見せしめ刑の町」の試し読みはこちら

 

サイト内で「わるいした」と検索窓に入力!

 

 

「悪い舌 見せしめ刑の町」のネタバレ感想!

 

町の中央の広場には、さらし台がある。

悪舌法で、悪口を言ったものは、お仕置きされる。

舞台となっているのは、こんな法律があるところです。

 

 

物語の主人公は、本が好きなエマという女性。

遠い町の寄宿制女学校行って、10年ぶりに帰ってきました。

司書としてこの町の図書館で働くことに。

 

 

エマには、ルーシィとミシェルという友達がいます。

ミシェルには、テリーというボーイフレンドがいて、派手で羽振りがいいようです。

ルーシィは、ミシェルのことを「なんだかうさん臭いのよね」と。

 

 

ルーシィとミシェルは、表面的には仲良くしてるけど、性格は反対みたいでした。

いなくなると何を言われるか分からない関係ですね^^;

エマはそんな二人の間で、いつもジレンマを抱えてるみたいでした。

 

 

ルーシィとミシェルの結婚式にも出ずに、二人を避けるように町を出てたのも分かる!!

一緒にいたら、悪口の共犯者になるようで、怖いですよね~

と思っていたら、エマにとっては思わぬことが起きてしまいました。

 

 

あるとき、ミシェルがエマに話しがあるとやってきて、

 

「あんたを悪舌法で訴えるからね」

 

とエマが悪者にされてしまったんです!!

 

 

悪舌法の最終的な刑が怖い・・・

 

悪舌法なんて法律があったら、ストレスが溜まってしかたないでしょうね(^^)

だって、私もそうだけど女同士が集まったら、多少の悪口ってあるじゃないですか!?

過度な悪口は良くないけど、つい仕事のこととか愚痴をこぼしたくなります・・・

 

 

悪舌法は、2人の証人がいれば訴えることができるんです。

その証人になったのが、友達のルーシィとヴィクター。

ヴィクターは、エマに好意をもっていた男です^^;

 

 

エマって、友達二人に裏切られてしまったんですね。

ミシェルは、「1千万円」出すなら、訴えるのやめてもいいと、お金を要求してきました。

なぜか、ここで日本円が出てくるのが、ひっかかりますが・・・(笑)。

 

 

悪舌法には段階があって、1回目は罰金で済みます。

2回目から実刑になって、さらし者になるんです。

実は今度、エマが訴えられるのは2回目なんです。

 

 

このストーリーには、9度も訴えられた人がいました。

9度訴えられるとどうなってしまうのか?

最後に明らかになるんですが、すごく怖いです。

 

 

悪い舌はいつか必ず報いを受ける・・・

 

 

すごく教訓めいたストーリーでした。

 

ミシェルに裏切られたエマはさらし者になってしまうのか?

 

面白い結末になっているので、読んでみて確かめてみてくださいね!

 

スマホの電子コミックだとすぐに読めますよ!

⇒「悪い舌 見せしめ刑の町」の試し読みはこちら

サイト内で「わるいした」と検索窓に入力!

 

-ヒューマンドラマ